スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆別館「写真ブログ」はこちらへ→気の向くままに~Photo Life~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

初西蒲三山縦走路~途中撤退とリベンジ~

20120824.jpg
201208242.jpg
今日は細切れの夏休みを取ったので、西蒲三山縦走路の国上~石瀬峠間を往復しようと思い、6時に道の駅国上を出発

アップがてら、国上寺登山口までトレイルを道草しながら回り、国上寺登山口から国上山へ登り、剣ヶ峰方向へ

剣ヶ峰方向を見て、藪に少したじろぐ・・・・
トレイルを進むにつれ、出てきました「蜘蛛の巣トラップ」
顔に容赦なく蜘蛛の巣がかかる(;´д`)

汗をかいた状況で顔に蜘蛛の巣がかかると、もう言葉になりません・・・

「※△□×α・・・・グフッ!」

若かりし頃、オリエンテーリング中に蜘蛛の巣トラップにかかることはたまにあったけど、今回のトラップの数は半端ない(;´д`)
この蜘蛛の巣の数から考えると、人がほとんど通過していないことになる・・・・

顔に引っかかる蜘蛛の巣を取り除きながら尾根を登っていたら、今度はトレイルが藪に覆われ見えなくなる。
持参した地図を参照しながら腰くらいの高さの藪をかき分けながら進むけど、当然ながらスピードは出せない。

剣ヶ峰の案内プレートは結局発見出来ず・・・・正規のトレイルを進んでいたのかも怪しかったけど、オリエンテーリングの経験で何とか凌いだ。

次の黒滝城跡に入ったところでルートミスをし、何故か城址登り口に戻ってしまう(^_^;)
ここで一旦体制を整えるため、ザックを下ろして、体中にまとわりついていた蜘蛛の巣を払う。

ルートミスを修正し、搦手道を下ろうとしたら、藪がMAX激しくて、トレイルが全く見えない(;´д`)
2回アタックしたけど、藪でトレイルをロスト(-_-;)

今日の所はもう戻ろうか・・・・・そう思いながらも、3度目の正直ということで、慎重にトレイルを進み、やっとトレイルが少し判別出来るようになる。
藪の高さは腰より高い。下り斜面なのに足の着地点が見えない(-_-;)
沢に入っているのは間違いないので、林道には到達出来るだろう。そう思いながら慎重に歩をすすめると、ようやくトレイルが顔を出し始め、無事搦手道をクリアし、林道へ。

こんな感じで藪と蜘蛛の巣に悪戦苦闘していたら、剣ヶ峰分岐から搦手道を下るまで1時間以上を費やしていた・・・・
気を取り直して林道を走りだしたら、アブ等の容赦ない攻撃を受け、猿ケ馬場分岐から雨乞山を目指す序盤で再び蜘蛛の巣トラップが点在・・・

ここで完全に嫌気が差してしまい、本日のトレランは中断決定!

国上道の駅まで林道と県道をテクテク走って戻り、風呂も入らず帰宅。

藪に敗れた也(;´д`)

新潟の夏の藪の凄さは大学時代から分かっていたはずでしたが、今回は判断が甘かった。反省反省・・・・

★コントロール★
起床157:Q1
朝食後:59:補11g(前日アルコールが入っていたのを忘れてました・・・・)
ラン前:おにぎり2個(7カーボ)
ラン後:228:Q1.5
※途中でトレランを中断したので、高くなるのは已む無し。むしろ今後の課題が見えてラッキーでした!

☆別館「写真ブログ」はこちらへ→気の向くままに~Photo Life~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

201208261.jpg
201208262.jpg
一昨日の初西蒲三山縦走路があまりに中途半端で楽しくなかったので、昨日ロードを30km程走りながら悶々としてましたが、トレランSNSメンバーさんの「分割して縦走路を走る」考え方も有りだなと感じ、弥彦山も実は登ったことが無かったので、本日実行!

表参道登山口を6時に出発。ハイドレ2L+ボトル2本(1.3L)満タンで体が重い・・・・走ろうにも未知の登山道なので、登りは無理せず早歩きモードでスタスタ登る。

昨日、整体初体験をしたおかげか、足が軽く(特に骨盤付近)、40分程で山頂へ。

山頂から能登見平までは順調に進むけど、雨乞尾根から藪の香りがプンプン(-_-;)
「行けるところまで行って無理だと感じたら引き返す作戦←一昨日の学習効果(笑)」で突き進むも、5分の1程度進んだところであっさり引き返す。

このまま山頂に戻るには物足りないため、能登見平から裏参道ルートを下り、西生寺を回って裏参道登山口へ。そこから再び山頂へ。

山頂から多宝山を望むけど、明らかに藪そう・・・・

トレランSNS情報で大平公園~多宝山が藪MAXとなっていたので、少し躊躇したけど、とりあえず大平公園へ向かう。
大平公園で少し思案していたら多宝山へ向かうハイカーがいたので、意を決して多宝山へ
スカイラインを渡って登山道を見たら、確かに人間が隠れる程藪は凄いけど、道が見えるので登れなくはない!

一昨日の剣ヶ峰や搦手道に比べたらこれしきの藪なんぞ余裕です(笑)。

多宝山まで難なく登り、多宝山から石瀬峠まではどうなっているだろう?!と思ったけど、ブナ林の楽しいトレイル。途中すれ違うハイカーも1人いただけで、ルンルン気分で下る。

石瀬峠から先は、トレランより川口探検隊モードにならないと進めない感じの藪だったので、石瀬峠で引き返し10時45分に表参道到着。

「猿ケ馬場峠~雨乞山~雨乞尾根」は行けませんでしたが、一昨日目標としていた石瀬峠まで行けたので良しとします!

今日は山頂、西生寺、山頂、石瀬峠、大平公園で計5回Tシャツを脱いで雑巾のように汗を絞り出してました^^;
汗戻り対策のインナーを着てなかったらどうなっていたことやら・・・・

★コントロール★
起床191:Q1.5
朝食後:66(補17)起床時の追加打ち後に朝食だと食後に下がりやすい。調整ミス
ラン前:おにぎり1個(43g)
ラン中(開始~3時間経過):ジェル他(62.5g)
ラン開始3時間経過時:Q0.5後ドリンク+ジェル(67g)
35分後:ゼリーバー+クッキー(32g)
ラン後:追加打ちから1時間45分後:212(Q1.5)

ロードと違ってトレランは消耗が激しいので、途中で補給は必須ですが、その時の追加打ちをどれだけ打つかがまだ試行錯誤。高くても150位に抑えておきたい。
今度は1単位打ってみて検証。
スポンサーサイト

Comment

新さん | URL | 2012.08.27 06:41
タケコプター整備屋さん>
最終的には、国上~弥彦~多宝~角田山を往復するプランですけどね^^;
そうなんです、遭難しないようにしないと!
タケコプター整備屋 | URL | 2012.08.26 21:03
結構、ハードなところ走ってるんだね~。遭難しないように・・・・。どうしてもダメならお迎えに参ります。
Comment Form
公開設定

1型糖尿病に対する基本的スタンス

○ 1型糖尿病は闘うものではなく共存するものである
○ 主治医は自分自身であって、病院の主治医はよきアドバイザーとして考える
○ 同病の人と競争をしない(特にHbA1cは(笑))
○人は人、自分は自分!血糖コントロールはマイペースで!
○「自分は病人だ」という意識は頭の片隅に残す程度にして、1型糖尿病+インスリン=健常者の意識を持つようにする(↑この方がメンタル面でマイナス思考になりにくい)

プロフィール

新さん

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑ブログランキングに参加中↑

カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最近の記事+コメント
Tree-LINK
銀塩ぴーぷる
二眼レフ
GRDギャラリー
PENTAX K-Xギャラリー
shinsan flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from shinsan1976. Make your own badge here.
ブログ内検索
メールはこちらへどうぞ!
コメントよりメールの方が良い方はこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カウンター
カウンター
免責事項等

当ブログでは、より正確な情報等を発信することに努めていますが、当ブログ情報の取捨選択等の最終的な判断については閲覧者ご自身によるものとさせて頂きます。
よって当ブログを閲覧したことを起因とした被害、損失、トラブル等全ての責任は負いかねますので予めご了承願います。
また、当ブログに掲載している写真の著作権は放棄しておりませんのでご承知おき願います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。