スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆別館「写真ブログ」はこちらへ→気の向くままに~Photo Life~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

アルコールの影響

アルコールはグリコーゲンから血糖を上げる作用を約24時間阻害するので、低血糖になりやすく、回復も遅くなる

と言われていますが、自分の場合は深酒をすると、翌朝の血糖は通常よりかなり高い数値を叩き出し、1日中血糖コントロールが不安定になります。

昨日は夜7時半から日付が変わった午前2時前くらいの間に
ビール・日本酒・ワインを飲み 基礎は寝る前に通常の単位をIN
目が覚めたら7時30分 計測したら207→スライディングでQ2
帰宅して、朝昼兼用の食事 食前は81
食後2hあたりに風呂から上がったら、低血糖の症状→58スティックシュガー10g補食
夕方にようやく酒が抜け切り、自転車で行きつけの喫茶店に行きコーヒーを飲む
自転車運転中の低血糖防止のために、行きはクッキー1枚、帰りはブドウ糖6g補食
夕食前は128 通常のICRで計算した単位をIN
風呂で携帯メール(自分の携帯は防水仕様)を打ち込んだりしてだらだ入浴したら、明らかな低血糖の症状(目がパチパチする・手が震える等)が出たので計測(食後2h) 34????kao05
入浴はインスリンの効きを良くするらしいですが、それを考慮しても、なぜそこまで下がる・・・・・
スティックシュガー10gブドウ糖3g+プチシュー9個
補食後1h→104グー

不規則なことをすると体は乱れますね・・・・・

深酒をした翌朝の高血糖をなるべく抑える方策等々、善後策を考える必要がありますが、飲酒後の翌朝の高血糖対策としては、以前試しに通常の基礎+R1を打ってみたら、うまくはまったことがあったので、今度試してみようと思います
スポンサーサイト

☆別館「写真ブログ」はこちらへ→気の向くままに~Photo Life~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Trackback

Trackback URL
http://porichan.blog2.fc2.com/tb.php/1347-d250ae1a

Comment

新さん | URL | 2009.03.21 07:25
亜濡万さん>
適度な飲酒ならそんなに問題ないのですが、長時間にわたって飲むと影響は出てきますね・・・

元々晩酌の習慣がないと言うか、一人酒が基本的に嫌いなので、毎日飲むことの影響は分りませんが、缶ビール1本程度の量なら問題ないのかな・・・・と思ってます!
亜濡万 | URL | 2009.03.21 07:07
おはようございます。

飲酒は良くないんですね。

多くならなければ毎日飲んでも問題無いんでしょうか?
Comment Form
公開設定

1型糖尿病に対する基本的スタンス

○ 1型糖尿病は闘うものではなく共存するものである
○ 主治医は自分自身であって、病院の主治医はよきアドバイザーとして考える
○ 同病の人と競争をしない(特にHbA1cは(笑))
○人は人、自分は自分!血糖コントロールはマイペースで!
○「自分は病人だ」という意識は頭の片隅に残す程度にして、1型糖尿病+インスリン=健常者の意識を持つようにする(↑この方がメンタル面でマイナス思考になりにくい)

プロフィール

新さん

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑ブログランキングに参加中↑

カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最近の記事+コメント
Tree-LINK
銀塩ぴーぷる
二眼レフ
GRDギャラリー
PENTAX K-Xギャラリー
shinsan flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from shinsan1976. Make your own badge here.
ブログ内検索
メールはこちらへどうぞ!
コメントよりメールの方が良い方はこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カウンター
カウンター
免責事項等

当ブログでは、より正確な情報等を発信することに努めていますが、当ブログ情報の取捨選択等の最終的な判断については閲覧者ご自身によるものとさせて頂きます。
よって当ブログを閲覧したことを起因とした被害、損失、トラブル等全ての責任は負いかねますので予めご了承願います。
また、当ブログに掲載している写真の著作権は放棄しておりませんのでご承知おき願います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。