スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆別館「写真ブログ」はこちらへ→気の向くままに~Photo Life~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2014年の医療費(1型DM関係)

次回通院予定日は2014年12月12日(金)
・2014.9.19  26,370円(通院)
【内訳】
医院→初再診125点、在宅医療5,310点、検査407点=17,530円

調剤薬局→調剤技術料79点、薬学管理料45点、薬剤料2317点、特定保険医療材材料504点=8,840円
処方インスリン→ヒューマログ筒×6、アピドラソロスター×5、トレシーバー筒×1、注射針280本、ジェントレット針240本

・2014.6.18  30,290円(通院)
【内訳】
医院→初再診125点、在宅医療5,310点、検査601点、投薬86点=18,370円

調剤薬局→調剤技術料153点、薬学管理料45点、薬剤料3,398点、特定保険医療材材料378点=11,290円
処方インスリン→ヒューマログ筒×7、アピドラソロスター×7、トレシーバー筒×2、ノボリンRフレックスペン1本、注射針210本、ジェントレット針360本、レバミピド、芍薬甘草湯

・2014.3.18  27,630円(通院)
【内訳】
医院→初再診122点、在宅医療5,320点、検査401点=17,530円

調剤薬局→調剤技術料81点、薬学管理料45点、薬剤料2,862点、特定保険医療材材料378点=10,100円
処方インスリン→ヒューマログ筒×6、アピドラソロスター×6、トレシーバー筒×2、ノボリンRフレックスペン1本、注射針210本、ジェントレット針210本

☆別館「写真ブログ」はこちらへ→気の向くままに~Photo Life~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト

2013年の医療費

次回通院予定日は2014年3月18日(火)

・2013.12.17  27,090円(通院)
【内訳】
医院→初再診122点、在宅医療5,320点、検査401点=17,530円

調剤薬局→調剤技術料81点、薬学管理料45点、薬剤料2,683点、特定保険医療材材料378点=9,560円
処方インスリン→ヒューマログ筒×6、アピドラソロスター×6、トレシーバー筒×1、ノボリンRフレックスペン1本、注射針210本

・2013.09.06  28,360円(通院)
【内訳】
医院→初再診122点、在宅医療5,320点、検査417点、投薬68点=17,780円

調剤薬局→調剤技術料106点、薬学管理料45点、薬剤料2,872点、特定保険医療材材料504点=10,580円
処方インスリン→ヒューマログ筒×7、アピドラソロスター×6、トレシーバー筒×1、ノボリンRフレックスペン1本、注射針280本 芍薬甘草湯5日分(1日3回)


・2013.06.07  29,560円(通院)
【内訳】
医院→初再診122点、在宅医療5,320点、検査401点、投薬86点=17,790円

調剤薬局→調剤技術料92点、薬学管理料45点、薬剤料3,157点、特定保険医療材材料630点=11,770円
処方インスリン→ヒューマログ筒×8、アピドラソロスター×5、レベミル筒×2、トレシーバー筒×1、ノボリンRフレックスペン1本、注射針350本


・2013.03.01  30,330円(通院)
【内訳】
医院→初再診122点、在宅医療5,320点、検査600点、投薬86点=18,380円

調剤薬局→調剤技術料106点、薬学管理料45点、薬剤料3203点、特定保険医療材材料630点=11,950円
処方インスリン→ヒューマログ筒×9、アピドラソロスター×6、レベミル筒×1、ノボリンRフレックスペン1本、注射針350本

☆別館「写真ブログ」はこちらへ→気の向くままに~Photo Life~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2012年の医療費

次回通院予定日は2013年3月1日(金)
・2012.12.07  29,140円(通院)→4,100円還付予定。
【内訳】
医院→初再診122点、在宅医療5,320点、検査401点=17,530円

調剤薬局→調剤技術料71点、薬学管理料45点、薬剤料3135点、特定保険医療材材料619点=11,610円
処方インスリン→ヒューマログ筒×6、アピドラソロスター×6、レベミル筒×2、注射針364本



・2012.11.02  2,390円(眼科:眼底検査) 
・2012.09.07  28,700円(通院)→12月に3,600円還付。実質25,100円
【内訳】
医院→初再診122点、在宅医療5,320点、検査401点=17,530円

調剤薬局→調剤技術料81点、薬学管理料45点、薬剤料3002点、特定保険医療材材料595点=11,170円
処方インスリン→ヒューマログ筒×8、アピドラソロスター×6、レベミル筒×1、ノボリンRフレックスペン×1、注射針280本


・2012.06.01  28,720円(通院)→3,700円還付。実質25,020円
【内訳】
医院→初再診122点、在宅医療5,320点、検査401点=17,530円

調剤薬局→調剤技術料81点、薬学管理料45点、薬剤料3247点、特定保険医療材材料357点=11,190円
処方インスリン→ヒューマログ筒×7、アピドラソロスター×7、レベミル筒×2、ノボリンRフレックスペン×1、注射針280本

・2012.03.02  28,940円(通院)→6月8日に3,900円還付。実質25,040円
【内訳】
医院→初再診122点、在宅医療5,320点、検査602点=18,130円
※年1回のマイクロアルブミン検査

調剤薬局→調剤技術料89点、薬学管理料49点、薬剤料2989点、特定保険医療材材料476点=11,810円
処方インスリン→ヒューマログ筒×9、アピドラソロスター×6、ノボリンRフレックスペン×1、注射針280本

☆別館「写真ブログ」はこちらへ→気の向くままに~Photo Life~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2011年の医療費

次回通院日は3月2日

・2011.12.02  29,230円(通院)→2012年3月23日に4,200円還付。実質25,030円
【内訳】
医院→初再診122点、在宅医療5,320点、検査399点=17,520円

調剤薬局→調剤技術料89点、薬学管理料49点、薬剤料3170点、特定保険医療材材料595点=11,710円
処方インスリン→ヒュマーログ筒×9、レベミル筒×1、アピドラソロスター×6、、ノボリンRフレックスペン×1、注射針350本

・2011.11.02 2,390円(眼科)

・2011.09.05  29,510円(通院)→12月22日4,500円還付。実質25,010円
【内訳】
医院→初再診122点、在宅医療5,320点、検査415点=17,570円
(血糖測定センサー2ヶ月分は在庫不足により後日)

調剤薬局→調剤技術料89点、薬学管理料49点、薬剤料3,248点、特定保険医療材材料595点=11,940円
処方インスリン→ヒュマーログ筒×7、レベミル筒×2、アピドラソロスター×6、、ノボリンNフレックスペン×1、注射針350本


・2011.06.03  30,150円(通院)→10月7日5,100円還付。実質25,050円
【内訳】
医院→初再診122点、在宅医療5,620点、検査399点=18,420円

調剤薬局→調剤技術料89点、薬学管理料34点、薬剤料3,191点、特定保険医療材材料595点=11,730円
処方インスリン→ヒュマーログ筒×8、レベミル筒×2、アピドラソロスター×6、ノボリンRフレックスペン×1、注射針350本(84本は在庫不足により後日)


・2011.03.05  29,030円(通院)→8月10日4,000円還付。実質25,030円
【内訳】
医院→初再診172点、在宅医療5,320点、検査399点=17,670円

調剤薬局→調剤技術料122点、薬学管理料34点、薬剤料3,155点、特定保険医療材材料476点=11,360円
処方インスリン→ノボラピッド筒×9、レベミル筒×2、アピドラソロスター×5、ノボリンRフレックスペン×1、注射針280本

☆別館「写真ブログ」はこちらへ→気の向くままに~Photo Life~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2010年の医療費

次回通院予定は3月4日

・2010.12.03  28,810円(通院) 23年4月25日3,800円還付 実質25,010円
【内訳】
医院→初再診122点、在宅医療5,320点、検査602点=18,130円
※尿中マイクロアルブミン検査を行った
調剤薬局→調剤技術料82点、薬学管理料34点、薬剤料2,848点、特定保険医療材材料595点=10,680円
処方インスリン→ノボラピッド筒×14、レベミル筒×2、ノボリンRフレックスペン×1、注射針350本

・2010.10.23  2,550円(眼科にて眼底検査)

・2010.09.03  27,230円(通院)※うち2,200円が高額医療費分として還付されたため、実質25,030円
【内訳】
医院→初再診122点、在宅医療5,320点、検査399点=17,520円。
調剤薬局→調剤技術料82点、薬学管理料34点、薬剤料2,725点、特定保険医療材材料595点=9,710円
処方インスリン→ノボラピッド筒×12、レベミル筒×2、ノボリンNフレックスペン×1、注射針350本

・2010.06.05  27,250円(通院)※うち2,200円が高額医療費分として還付されたため、実質25,050円
【内訳】
医院→初再診122点、在宅医療5,320点、検査399点=17,520円。
調剤薬局→調剤技術料72点、薬学管理料34点、薬剤料2,542点、特定保険医療材材料595点=9,730円
処方インスリン→ノボラピッド筒×11、レベミル筒×3、ノボリンRフレックスペン×1、注射針350本

・2010.03.10  5,555円(血糖センサー自費購入 90回分)

・2010.03.06  25,720円(通院)
【内訳】
医院→初再診123点、在宅医療5,320点、検査382点=17,480円。
調剤薬局→調剤技術料70点、薬学管理料30点、薬剤料2,028点、特定保険医療材材料619点=8,240円
処方インスリン→ノボラピッド筒×10、レベミル筒×1、ノボリンNフレックスペン×1、注射針364本

・2010.02.13  7,998円(血糖センサー自費購入 100回分)

医療費の仕組み等については
http://hoshoku.blog.so-net.ne.jp/2008-07-28医療費の仕組み(その1)[IDDM])
http://hoshoku.blog.so-net.ne.jp/2008-07-29医療費の仕組み(その2)[IDDM])
を参照してみてください

インスリン製剤の薬価については
http://www.cgj.co.jp/contents/medical/chushayaku/chu_aa1.htm
で検索してみて下さい。

☆別館「写真ブログ」はこちらへ→気の向くままに~Photo Life~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
1型糖尿病に対する基本的スタンス

○ 1型糖尿病は闘うものではなく共存するものである
○ 主治医は自分自身であって、病院の主治医はよきアドバイザーとして考える
○ 同病の人と競争をしない(特にHbA1cは(笑))
○人は人、自分は自分!血糖コントロールはマイペースで!
○「自分は病人だ」という意識は頭の片隅に残す程度にして、1型糖尿病+インスリン=健常者の意識を持つようにする(↑この方がメンタル面でマイナス思考になりにくい)

プロフィール

新さん

日本ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑ブログランキングに参加中↑

カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最近の記事+コメント
Tree-LINK
銀塩ぴーぷる
二眼レフ
GRDギャラリー
PENTAX K-Xギャラリー
shinsan flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from shinsan1976. Make your own badge here.
ブログ内検索
メールはこちらへどうぞ!
コメントよりメールの方が良い方はこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カウンター
カウンター
免責事項等

当ブログでは、より正確な情報等を発信することに努めていますが、当ブログ情報の取捨選択等の最終的な判断については閲覧者ご自身によるものとさせて頂きます。
よって当ブログを閲覧したことを起因とした被害、損失、トラブル等全ての責任は負いかねますので予めご了承願います。
また、当ブログに掲載している写真の著作権は放棄しておりませんのでご承知おき願います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。